葭風会だより

季節を感じてひとりごと

春の雪

うっすら雪化粧の朝となりました。



「山深み春とも知らぬ松の戸に 絶え絶えかかる雪の玉水」式子内親王


春が来たことが感じられない雪深い山奥の小屋。
ある朝その雪がわずかに緩み、すきとおった雫がひとすじ松の戸をつたう。
太陽が当たり、その雫はキラキラ宝石のように輝きます。


春の訪れを見つけ、心躍る様子がうかびます。
美しい歌ですね。

広告を非表示にする