葭風会だより

季節を感じてひとりごと

事八日(ことようか)

2月8日と12月8日を事八日といいます。


年末、神様を迎えるための正月の準備を始めるのが12月8日の「事始め」で、後片付けを全て終えるのが2月8日の「事納め」。


神様に関する一連の「事」の期間が終わると、春を迎え田畑を耕す時期となり、人々の日常生活が始まります。それが2月8日「事始め」です。


このように「神事」の期間と「日常」の期間は、一方の始まりの日はまた一方の終わりの日になるのです。