葭風会だより

季節を感じてひとりごと

如月

二月を「きさらぎ」というのは、

寒さで着物を更に重ねて着ることから「着更着(きさらぎ)」

気候が陽気になる季節で「気更来(きさらぎ)」

草木が生えはじめる月で「生更木(きさらぎ)」

草木の芽が張り出す月で「草木張り月(くさきはりづき)」が転じたとする説


など諸説ありますが、寒さ厳しい中にも、春の兆しが感じられるころとなりました。

f:id:kafu-kai:20150201150744j:plain
f:id:kafu-kai:20150201151005j:plain
f:id:kafu-kai:20150201150942j:plain
f:id:kafu-kai:20150201151030j:plain
f:id:kafu-kai:20150201151051j:plain
(亀岡城 大本本部 植物園にて)

広告を非表示にする