葭風会だより

季節を感じてひとりごと

小正月

紀貫之の土佐日記から。


十五日、今日、小豆粥煮ず。口惜しく、なほ日の悪しければ、ゐざるほどにぞ、今日二十日あまり経ぬる。いたづらに日を経れば、人々海を眺めつゝぞある。女の童の言へる、
「立てば立つゐれば又ゐる吹く風と波とは思ふどちにやあるらん」


(15日なのに小豆粥を煮ませんでした。残念。
しかも天気が悪くて、ぐずぐずしているうちに、今日でもう二十日も経ってしまってます。無駄に日を過ごしているので、みんな海を眺めてばかり。女の子がこんな歌を詠みました。
「風が吹いたら波が立つ
風がやんだら波もやむ
風と波とは、仲良しなのかなあ」)



まるで、今日の日みたい。
朝から強い雨が降っています。

 

広告を非表示にする