葭風会だより

季節を感じてひとりごと

月影

「風さむみ木の葉晴ゆく夜な夜なに のこる隅なき庭の月影」式子内親王

(風が寒いので木の葉が散り、夜には庭の隅々まで月の光が射し込んでいます)


冷たく澄んだ空気。
驚くほど明るい月の光に、どきっ とする夜です。


月影の「影」は、光そのもののこと。
「陰」は、コザトヘンが山を表し、光が当たらない暗い部分のこと。

広告を非表示にする