葭風会だより

季節を感じてひとりごと

伊勢寺

今日は百人一首歌人「伊勢」ゆかりの高槻を歩いてきました。

f:id:kafu-kai:20141130211459j:plain

f:id:kafu-kai:20141130211547j:plain

宇多天皇の中宮温子に女房として仕えた伊勢。
いつしかその温子の兄 藤原仲平と恋仲に。
また弟時平とも付き合っていたといいます。
宇多天皇からも寵愛を受けその皇子を産みましたが、皇子は早世してしまい深い悲しみを負います。
その後は宇多天皇の皇子敦慶親王と結婚して中務(百人一首歌人)を産む、という波瀾万丈の人生を歩みます。

そんな人生が、歌の厚み深味を増し、ますます男性たちを虜にしたのでしょう。


「難波潟 みじかき芦の ふしのまも あはでこの世を 過ぐしてよとや」


(こんなにも恋したっているのに、ほんのわずかな時間も逢ってくれないのですね。この人生をあなたに逢えないまま、過ごしてしまえとおっしゃるのでしょうか?)


f:id:kafu-kai:20141130211801j:plain

広告を非表示にする