葭風会だより

季節を感じてひとりごと

保津峡

ほとんど毎日 電車の窓から見ている景色。

f:id:kafu-kai:20141120205945j:plain
保津峡は今 紅葉の見頃を迎えています。

佐々里峠を源流とし、京北地区では「上桂川(かみかつらがわ)」、園部あたりでは「桂川」、亀岡から保津峡にかけて山の中では「保津川(ほづがわ)」、そこから渡月橋手前までが「大堰川(おおいがわ)」そしてまた「桂川」と呼ばれて流れてゆきます。

f:id:kafu-kai:20141120210033j:plain

f:id:kafu-kai:20141120210130j:plain

たくさんの名前を持つ川。
それだけ生活に密着し、人々に愛されてきた証なのでしょう。

広告を非表示にする