葭風会だより

季節を感じてひとりごと

鹿の鳴き声

あっ!
鹿の鳴き声が聞こえてくる!


秋になると、雄鹿は雌鹿を求め、さ迷います。
なんとも切ない鳴き声で相手を探します。


私の住む町は、すぐそばに山があり、時々鹿の姿を見ることがあります。
秋、あたりが薄暗くなった頃から夜にかけて、山の方から鹿の声が聞こえてくると、あぁ秋も深まってきたなぁ~と、しみじみ感じます。


「夕されば小倉の山に鳴く鹿は 今宵は鳴かずゐねにけらしも 」舒明天皇

夕方になると奥まった暗い山ほうから鹿の鳴き声が聞こえてくるけれど、今夜は鳴かないなぁ。
素敵な相手が見つかって、もう寝てしまったようだなぁ。

広告を非表示にする