葭風会だより

季節を感じてひとりごと

ガマの穂

昔むかし、ワニザメを騙した因幡の白兎は、ワニザメたちに皮をはがれてしまいました。

痛くて痛くて泣き叫んでいたところ、大国主命が通りかかり、「真水で体を荒い、ガマの穂黄をつけなさい」と教えてくださいました。

f:id:kafu-kai:20140906153148j:plain


唱歌「大黒様」      

1.大きな袋を肩にかけ 大黒様がきかかると
ここに因幡の白兎 皮をむかれて赤はだか

2.大黒様はあわれがり きれいな水に身を洗い
蒲の穂綿にくるまれと よくよく教えてやりました

3.大黒様の言うとおり きれいな水に身を洗い
蒲の穂綿にくるまれば 兎は元の白兎

4.大黒様はだれだろう 大国主のみこととて
国をひらきて世の人を たすけなされた神様よ


 

広告を非表示にする