葭風会だより

季節を感じてひとりごと

処暑

『陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也』

暑さが処む(やむ)頃。

朝夕の風が涼しく感じられる頃。

夜には虫の声も聞こえてくるようになりました。


f:id:kafu-kai:20140823100713j:plain

広告を非表示にする