葭風会だより

季節を感じてひとりごと

空の通ひ路

「夏と秋と行きかふ空の通ひ路は かたへすずしき風や吹くらむ」凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)


訳 : 行く夏と来る秋が行き交う空の通い路の片側には、秋の涼しい風が吹いているのでしょうか。



台風の後、朝夕の風が少し涼しく感じられるようになりました。

気のせいか空が高く見えます。

f:id:kafu-kai:20140814192430j:plain



暑かった夏の太陽をまだまだ楽しみたいと思う反面、涼やかな風にほっとする、そんな季節の移ろいをしみじみと感じる歌です。

広告を非表示にする