葭風会だより

季節を感じてひとりごと

八朔

古くは旧暦八月一日(朔日)、
五穀豊穣を願って新穀を供え贈る行事が、今の贈答の慣習に繋がったといわれます。

京都ではお稽古ごとのお師匠さんにご挨拶に伺う日。


暑さ真っ只中ですが、朝の空気が少し涼しく、まもなく立秋かと思うと少し寂しくなりますね。

広告を非表示にする