読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葭風会だより

季節を感じてひとりごと

名残り

一気に桜の花が開きましたね。


でも、私は今シーズン最後(?)の氷遊び、上高地へ。

f:id:kafu-kai:20170404170517j:plain
冬季はバスが走っていないので、真っ暗のトンネル 2キロほど歩きますと・・

どーん!
f:id:kafu-kai:20170404170326j:plain
どの季節に訪れても、感動 感動の景色です。

f:id:kafu-kai:20170404170715j:plain



さぁ、明日からは桜を追いかけます(^-^)

お礼

f:id:kafu-kai:20170401064649j:plain

昨日の朝 やっと開花宣言があった大阪。

冷たい雨の一日でしたが、たくさんの方にご参加いただき、葭風会の初会を開催させていただきました。

ありがとうございました。


今日から4月。
さぁ また新しい扉を開けて、一歩踏み出したいと思います。


今後とも宜しくお願いいたします。

さくら

愛知県稲沢市の善光寺 東海別院で、春のお香の会がございました。


桜がふっくら。

f:id:kafu-kai:20170330170705j:plain


f:id:kafu-kai:20170330171326j:plain
小林一茶 直筆のお軸を拝見いたしました。

「我朝ハ艸もさくらを咲ニけり 」

すばらしい我が国では草さえも桜の花のように、美しく咲いています・・

という意味だそうです。


「夏の会」は、5月31日(水)
「秋の会」は、9月27日(水)
「冬の会」は、11月29日(水)
です。宜しくお願いいたします。

つぼみ

「世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし」在原業平 

(世の中に桜というものがなかったなら、春をのどかな心持ちで過ごせるだろうに・・)



「ことならは 咲かずやあらむ 桜花 見る我さへも しづこころなし」紀貫之

(どうせなら 咲かないでおくれ、桜の花よ。私たちは、そわそわ どきどき落ち着かないよ・・)


f:id:kafu-kai:20170326195325j:plain
(今日の亀岡の桜)


三寒四温、さくらのつぼみが少し膨らんだかなと思ったら、また縮こまり、
いつ咲くんだろう と落ち着かないのは、昔も今も変わりません。

桜餅

桜餅、あなたは葉を食べますか?残しますか?


f:id:kafu-kai:20170325162340j:plain


「三つ食へば 葉三片や 桜餅」高浜虚子

俳人 高浜虚子は、葉を残す派だったのですね。
そして三つも食べたなんて、甘いものがお好きだったのですね(^-^)

f:id:kafu-kai:20170324193021j:plain


枕草子より


「まだまゆにこもりたるはをかし。広ごりたるはうたてぞ見ゆる。」

(まだまゆのように新芽が外皮を被っているのは、とっても可愛らしくておもしろい。しかしそれが広がってしまっているのはみっともなく見えるわ…)



柳の柔らかい緑がとても美しい時期です。

百人一首

f:id:kafu-kai:20170323164343j:plain

京都の百人一首講座は、前回100首目が終わり、今日はまとめのお話でした。


藤原定家はなぜ この百首を選んだのか・・


いろいろな研究がされていますが、答えは定家の心の中にあり。

f:id:kafu-kai:20170323164515j:plain

光の当て方により、玉虫色に輝く百首です。